訴訟

訴訟の流れ

訴訟 header image 3

訴訟の流れ

ソファーとテーブル ダイニング01
調停で話し合いが成立しなかったときには、裁判所に訴訟を提起することになります。元々、離婚に関しては調停前置主義となっており、調停が不成立にならなければ訴えを起こすことができません。不成立の証明を手に入れたら、訴状で離婚を希望することのほか、財産分与や養育費、親権、慰謝料などの項目についても趣旨を記載します。そして、収入印紙と切手を沿えて裁判所に提出すると、原告と被告に対して後日裁判所から呼び出し状が届きます。
その後の流れは、まず、弁論期日に互いに準備書面や証拠書類を提出してそれぞれの主張を述べます。そして、ある程度主張が出揃ったら、証人尋問も必要に応じて行われます。これらの審査が終了すると、裁判官から和解の勧告もありますが、お互いにこれに同意しなければ、最終的に裁判官が判決を出すという流れです。判決で離婚が確定したときには、相手の署名押印や立会人なども不要で、役所ですぐに離婚手続きをすることができます。また、慰謝料や養育費などは支払われなかった場合、別途差押の手続きで預貯金や給料から差し押さえて回収することになります。面倒な手続きですし精神面での負担も大きいため、通常は弁護士に依頼します。