訴訟

訴訟の流れ

訴訟 header image 2

家庭裁判所調査官、参与員

2015年01月15日 · コメント(0) · 未分類

家庭裁判所調査官といった職業をご存知でしょうか。聞いたことはあるが詳しい内容までは知らないといった方が多いのではないでしょうか。常勤の国家公務員に加えて、民間から選出された参与員、家事調停委員が非常勤の国家公務員として活躍しています。簡単に説明すると、家庭裁判事件の審判や調停には必用な調査を行う必要があるわけですが、その調査をしたり関係する事務を行ったりする職業の人のことです。家庭裁判所で扱う事件は少年事件であったり離婚であったりと、裁判の結果が出たからそれで終わりというわけにはいきません。その後の少年の更生や社会復帰などには周りの環境や周囲の人の助けが必要となりますので、そういったことまで考えて裁判の結果を出さなくてはなりません。離婚の場合は両親のどちらに親権を与えるかも重要ですので、調査をしっかりと行い、最終結果を出します。調停中は子供も間に挟まれてつらい思いをしますので、そういったケアも重要になります。お金があり生活が安定することだけが幸せだとは言えませんが、経済的にしっかりした親の方に親権を与えることが多いですが、暴力をふるったりといった特定の事情がある場合はもう片方の親に与えられることもあります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。