訴訟

訴訟の流れ

訴訟 header image 2

既に支払われている退職金と財産分与の内訳

2015年01月15日 · コメント(0) · 未分類

離婚時の財産分与で退職金は分与の対象になるかならないかは、分与の対象になります。ただ婚姻期間中の期間の間だけで、それ以外の期間の分は分与の対象外になります。そして別居期間中も夫婦として共同で築き上げたことにはなりませんから、分与の対象外になります。

それですでに支払われている場合は、退職金を配偶者の勤続年数で割って、婚姻中の年数を掛ければ、分与分の金額がわかります。そしてそうやって計算して出た金額を夫婦で話し合って分与します。

そして分与が決まれば、他の財産と合わせて分与をすることになりますが、この時内訳をはっきりとしておかないと後でトラブルになりますので、公正証書を作成しておく必要が有ります。公正証書を作成しておけば、分割払いの約束をしていた場合、公正証書通りに実行されなかったら、裁判所に訴えて強制執行をしてもらうことが出来ます。

分与の話し合いですが、話し合いが決裂した場合は、家庭裁判所に申し立てて調停で解決をすることになります。申立て時に必要な物ですが、退職金の明細書を提出しないと、調停員もいくら支払われているか分からなくて分与の調停が出来ません。だから明細書を持って行かないと駄目です。

 

 

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。