訴訟

訴訟の流れ

訴訟 header image 2

熟年夫婦が離婚する場合の内容について

2015年01月15日 · コメント(0) · 未分類

熟年夫婦が離婚する場合の理由は、旦那さんが定年退職をしてずっと家にいる場合に奥さんがストレスを抱えてしまって離婚にいたるといった理由が多いです。子供も自立して家にいない場合などは2人きりの生活が始まり、いままでいなかった旦那さんがいることによって、ご飯の支度など大変になります。会話も無いような夫婦なら息がつまるような感じがして耐えられなくなり、離婚を旦那さんに申し出るケースがあります。離婚するにはお金が必要です。熟年になってから離婚しても奥さんが専業主婦の場合は、働きにでて生活していくことは金銭的に難しいケースがほとんどになります。そこで離婚に踏み切るきっかけになるのが年金になります。旦那さんが会社勤めや公務員の場合、厚生年金や共済年金などの社会保険に加入しているのですが、婚姻期間中に納めた年金を最大1/2奥さんが受け取ることができる制度があります。この制度は離婚時に手続きをすれば年金受給年齢に達すると、なにもしなくても分割した年金が国から振り込まれてきます。前もって試算しておくことが重要です。見込額を知った上で離婚をしないと、分割した年金額が少なくて生活できないこともあるので注意が必要になります。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。